望郷の想い

夕焼~け小焼けぇの赤とんぼ~、 負われ~て見reenexたのぉはぁ、いつのぉ日ぃか~。 ある年配の方が、コラムを書いておられた。 年齢が高くなると、思い出すのは幼少期、故郷のこと。 たわわな稲穂の実る田園風景やら、美しい自然の田舎の写真を撮り、幼少時代を思い出していた記事だった。 その中に紹介されていた「赤とんぼ」、この歌詞、なぜかぐっと来た。 5歳の子供が母親を恋しがる心情…

続きを読む